医学部受験を目指す個別指導の予備校のメリット

集団講義形式の授業は非効率な学習スタイルです

医学部入試は、近年人気が高くその分学力も求めらます。
入試を乗り切るために大切なのは、センター試験の対策を行うことで基礎学力を固めて、二次試験はその基礎学力を土台に標準的・典型的問題に田おいうできる答案作成力をつけていくことが重要です。
また、出題傾向も大学によって大きく異なってきます。
その点にも気を配って勉強をしていくことがポイントです。
そんな医学部を受験する場合、予備校に通って受験対策をするケースはよくあります。
一般的に、有効な受験対策を自分で計画・実行できる人が向いているとされています。
予備校は講師1人によって同時に講義を受けることのできる場所です。
学力レベルや志望校ごとに授業が分かれていて、レベルの近い仲間と切磋琢磨しながらカリキュラムに沿った学習を進めていきます。
ただし、集団講義形式の授業は非効率な学習スタイルです。
人によっては得意な科目や分野、苦手な科目や分野は大きく異なってきます。
集団講義形式では、その違いに対応しきれないというデメリットがあります。
カリキュラムに沿って講義をしていくため、習得が低い科目や分野はしっかり理解できなうちに授業が進んでいき、すでに理解できている授業内容の勉強をもう一度聞く必要があるという無駄な学習スタイルとも言えます。
このような無駄をなくしたいというと場合には、個別指導を行ってくれるところを探すことがオススメです。
個別指導であれば、一対一で講義をしてもらうことができます。

解答速報とか言って「答え一覧だけ」載せてる人たちは「教育や学問には興味なし」としかおれには思えないけどいいのかな🤔

営利企業の権化のように言われる医学部専門予備校とかの方が、ちゃんと解説出してたりしてる皮肉。
理念より、何をやるか、だよね😋

— くにごろうさん@雑談 (@quni56_bot) February 17, 2020

集団講義形式の授業は非効率な学習スタイルです個別指導を行ってくれるところを探すことがオススメすぐに質問するという癖がついてしまうのもデメリット